一番身近なウォーターサーバーに望むこと

今では家庭用のも珍しくないくらい、ウォーターサーバーはいろんなところで見かけるようになった。
私にとって一番身近なウォーターサーバは薬局店で設置されたものである。

定期的に錠剤を呑む必要があり、処方箋をいただくためによく薬局店に寄るのだ。いろんなところにお世話になるうちに、どの系列でも薬局店には置かれているのと最近気づいた。

はじめは水分補給のためかと思ったが、その場で飲む必要があるときのため、もあるのだろうと予想できる。欠かせない人もきっといる。
しかし、薬局で飲むときに一番困るのは冬の時期である。

基本的に薬局店で置かれているウォーターサーバーは冷水のみである。
外が冷えて喉が敏感になっているときに口にすると、思わず水の冷たさに「うっ」となってしまうのだ。

もしできるのであれば、薬局のウォーターサーバーではぬるい状態のも選べて飲めるようにしてほしいのが切実なところ。温度調節ができる装置を付けて二つある蛇口のうち一つのほうにつけるなどしてくれれば気持ちよく利用できると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

\